» 2013 » 11月のブログ記事

古代爬虫類の化石化した糞の山から、興味深いストーリーが見えてくる。11月28日、古生物研究者達のチームが2億4000万年近く前の世界最古の共同排泄場を発見したと発表した。

 

爬虫類っていうのは、トイレを利用するの?

2億4000年前の爬虫類でなく、今の爬虫類でもそうなの?

こういうのって、発掘してる人たちは楽しくてたまらないんでしょうね。

発掘しながら状況を見て、仮説を立てていくわけでしょ?

実際にどう立ったかなんて言うのはわからないですからね。

「おそらくこんなことをしていたのだろう」ということですね。

研究者たちは想像を膨らませて仮説を立てていく。

まぁ、楽しいでしょう。

楽しくてやめられないんだろうな。

国際NGOの日本人看護師奮闘

| 未分類 |

「子供は大人よりも早い段階で治療しないと命を落とす危険性がある」。台風30号が襲ったフィリピンで、「子供の命を守りたい」との志を抱いて国際医療支援団体「国境なき医師団(MSF)」に加わった日本人女性が奮闘している。
フィリピンでは多くの国際NGOが現地入りし、支援活動を展開中。MSFの一員として活躍する日本人看護師の松本明子さん(45、長崎市出身)もこうした一人だ。中部セブで、被害の大きかったレイテ島などへの医療物資の送り出しに当たっており、「子供の笑顔が一番」と被災地の子供に笑顔があふれる日を思い描く。

 

先日の台風で甚大な被害を受けたフィリピンで奮闘している日本人看護師がいるそうだ。

困難なことだと思うが、子供の命を救いたいと考え、国境なき医師団に加わり、今回のフィリピンのような災害があった場所などに赴き作業をしている。

素晴らしい志、取り組みですね。

このような女性の行動に感銘し、自分も国境なき医師団に加わるかどうかは別としても、同様の取り組みに参加したいと考える看護師の方がいたら、下のサイトを参考に医療機関を探してみるといいでしょう。

>>看護師求人 【口コミで評判の看護師転職サイトはこちら】

女優の米倉涼子さんが主演する連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子」(テレビ朝日系)の第5話が14日に放送され、平均視聴率は23.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と第2話の23.1%を上回り、今クール民放ドラマの最高を更新した。瞬間最高視聴率は午後9時46分の26.9%(同)だった。

 

相変わらず、医療を舞台にしたドラマは人気ですね。

刑事ものと医療ものは鉄板ですね。

ちなみにこのドラマ、興味はないがなんとなく見ることが多い。

なぜならば、帰るとすでにこの番組を観ているから。

ただ、そんなに面白いとは思わないんだけど、なんで高視聴率なんだろう。

他が面白くないからかな?

病院には様々な患者やってくる。とくに病院関係者を困らせるのがモンスター患者たち。そんな“珍獣”や“猛獣”たちに手を焼いている関係者のため息が次々と聞こえてきた。以下は35才看護師の告白だ。

いつも検診に来る80代のおじいちゃん。元暴力団幹部だったとかで、背中一面、お尻までびっしりのクリカラモンモンを見せつけたくて仕方がない様子なの。血圧を測るときも目いっぱい袖をたくしあげては看護師の反応を横目でチェックしてる。

だけど、もうウン十年も前のことだから肌はシワシワだし、色も薄くなっちゃってて、お世辞にも美しいなんていえない代物なんです。
それでも、慣れた看護師長が“まあ、立派!”なんて褒めたりすると、ご満悦。でも調子にのって“これでも若いころは狂犬のタカって呼ばれてたんだ。ワケあって人をあやめちまって長いこと別荘に入っててねぇ…”と、デンジャラスすぎる自慢話が始まっちゃうのがタマにキズ。ほかの患者さんたちが怖がって寄りつきません。

 

どこへ行っても困った人がいるもんですね。

病院で刺青の自慢してもね。

まぁ、治療に難癖をつけたり、他の患者に絡んだりとするわけではないから、やっかいな患者の中でもましなほうなのでは?

とはいえ、歓迎される人でないことは間違いないですね。

こんな変わった患者のせいで、今の職場は続けられないという看護師の方は、下のサイトを参考に職探しをするのもいいかもしれませんよ。

>>看護師求人 【好条件の非公開求人が見つかります!】

岡山市が看護師の確保に苦慮している。2015年5月の新市民病院(北区北長瀬表町)開院に向けて看護師の大幅増員を3年がかりで計画しているが、1年目の今年4月採用から目標を下回った。2年目となる来年4月採用は予定を10人増やして50人程度を目指し、13年度に入って4回目の募集を行っている。背景には、手厚い看護を厚遇する診療報酬改定に伴う病院間の獲得競争の激化がある。

 

今、全国的に看護師が不足しているようだ。

これは今になって急にということではなく、看護師は慢性的に人員が不足しているそうだ。

これからの高齢化社会に向けて看護師は増員が必要なのに、現状で不足してしまっている。

そうなると人員確保のために施設間で競争が激しくなり、今回の岡山市のようなことにもなってしまうようだ。

現状は売手市場なので、看護師としてもできるだけ条件の良い施設を吟味して選択することになり、条件の劣るところは人員が確保できない状態が続いてしまうだろう。

もし今の勤め先よりも高収入な勤め先に転職したいと考えている看護師の方がいたら、下のサイトを参考に高収入が確保できる勤め先を探してみてはいかがでしょうか。

>>看護師が高収入をGETするなら求人は転職サイトで探そう

 

医療法人徳洲会グループの公職選挙法違反事件で、東京地検特捜部が徳田毅衆院議員(42)=自民、鹿児島2区=から任意で事情聴取したことが5日、関係者への取材で分かった。グループは病院職員を欠勤扱いなどにし、給与を後から補填する形で選挙運動をさせており、特捜部は毅氏から違法性の認識などについて聴いたもようだ。
関係者によると、グループは昨年11月中旬、グループ傘下の病院に職員や看護師を運動員として派遣するよう指示。日当などを支給した上、投開票前日の12月15日まで選挙運動の手伝いをさせた疑いがある。

 

なかなか進まないですね。

ある程度容疑は固まってはいるんでしょうけどね。

選挙違反で逮捕者が出るなんてことは、別に珍しいことではないが、今回は組織的に大勢の人員を動員したから、ここまでの騒ぎになっているのかな。

まぁ、確かに手伝わされた職員たちは余計なことだし、いけないことという認識もあったんでしょうからね。

かわいそうですよね。

今回の事件とは関係はないが、職場でトラブルがあり転職を考えているという看護師の方、転職が成功するとお祝いをもらえたりするようですし、是非下のサイトを参考に職場探しをしてみてください。

 

>>【看護師転職支援金・祝い金】をもらおう!