» 2015 » 4月のブログ記事

犬と人の絆

| 未分類 |

犬と人。何年も何千年も前から、犬と人は固い絆で結ばれている。
犬と飼い主は、アイコンタクトや触れ合うことで、互いの親近感を高めていくという研究結果が出た。
こうした行為の中で、オキシトシンという愛情ホルモンが分泌されるという。実験で明らかになるのは、異種間での確認は初めてとのこと。
このオキシトシンというホルモンは、相手を信頼したくなる心理的な効果があるとされていて、別名「愛情ホルモン」とも呼ばれている。
人には犬のまなざし、犬には人との触れ合いが互いのオキシトシンの閔妃津を促すという。
また、犬には人と同様の寛容な気質があり、人と絆を形成することができる唯一の動物ではないだろうか。