b-mobile

b-mobileとは

 

日本通信が提供するMVNOサービスです。日本通信は日本におけるMVNOの先駆けです。格安SIMが注目される前から格安SIMのサービスを提供しています。5段階定額プランの「おかわりSIM」や無制限プランなど、様々なプランから選べるのが特徴です。b-mobileはMVNOとMVNEの両方を兼ねています。

 

b-mobileもドコモの回線を利用しています。利用料金の安さが売りのMVNOで、セット端末にVAIO Phoneが選べるというのも魅力の一つです。

 

b-mobileの特徴

b-mobileには以下のような特徴があります。

 

5段階から選べる定額プランがある

b-mobileには5段階から選べる「おかわりSIM」という定額プランがあります。おかわりSIMではLTE高速通信が1GB=500円で利用することができます。音声通話付きは1300円、SMS付きは630円から利用可能。手頃な価格なので、気軽に使い始められるのが特徴です。

 

利用の多い月、少ない月のバラつきがあっても使った分だけ支払えばいいので、無駄なく使うことができます。また上限の最大が1500円なので、安心して利用することができます。料金は1か月のうちに使ったデータ量に応じて段階的かつ自動的に増加していきます。

 

おかわりSIM 5段階定額(データ通信専用)

1GBまで 500円
2GBまで 750円
3GBまで 1,000円
4GBまで 1,250円
5GBまで 1,500円

 

おかわりSIM 5段階定額(SMS付)

1GBまで 630円
2GBまで 880円
3GBまで 1,130円
4GBまで 1,380円
5GBまで 1,630円

 

おかわりSIM 5段階定額(音声付)

1GBまで 1,300円
2GBまで 1,550円
3GBまで 1,800円
4GBまで 2,050円
5GBまで 2,300円

※価格はすべて税別

 

最終的に5GBを超えると通信速度が200kbpsに制限されてしまいます。データ容量をたくさん使う人は無制限プランの方が良いでしょう。

 

無制限プランが安い

b-mobileには月額1,980円で高速データ通信が使い放題のプランがあります。プラス800円で音声付きプランもあります。ドコモ回線の格安SIMの無制限プランで最安とあってかなり魅力的です。

 

VAIO Phoneがセットで購入できる

ハイセンスなデザインで人気のVAIOから登場した格安スマホ「VAIO Phone」とセットで購入できるのはb-mobileだけです。VAIO Phoneはイオンスマホでも取り扱いがありますが、回線はb-mobileとなっています。データ容量無制限プランとのセットなので、ネットが使い放題というのもポイントが高いですね。

 

ただし、無制限プランは速度が遅いとあまり評判が良くないので、他のMVNOの無制限プランを選んだ方が良いかもしれません。b-mobileのおすすめはやはり5段階定額のおかわりSIMです。手軽に使えるので、まずは試しに使ってみるといいでしょう。

 

詳しくはb-mobileの公式サイトへ↓

 

b-mobile