Y!mobile

Y!mobile(ワイモバイル)とは

 

Y!mobile(ワイモバイル)は2015年1月にソフトバンクモバイルに吸収合併されたソフトバンク傘下のMNOです。MVNOではないので厳密に言うと格安SIMではありません。MVNOとは違い、キャリアから回線を借りることなく自社の回線を用いてサービスを提供しています。

 

ソフトバンクの回線だけでなく、かつてのイーモバイルやウィルコムの回線も利用でき、格安スマホ・格安SIMの中でも特異な存在感を放っています。他のMVNOにはない通話無料のサービスが提供されているので、通話メインで使いたい人におすすめです。

 

ワイモバイルの特徴

ワイモバイルには以下のような特徴があります。

 

無料通話サービスがある

ワイモバイルのスマホプランは3つ。月々のデータ通信量の大きさに応じてS・M・Lのうちから選ぶことができます。スマホプランは4G高速通信に対応し、パケット定額サービスと無料通話サービスがパッケージになったお得なプランです。

プラン名 月額料金 高速データ通信容量
スマホプランS 2,980円 1GB
スマホプランM 3,980円 3GB
スマホプランL 5,980円 7GB

※上記料金は「スマホ割」適用時における、利用開始月から25か月間。

 

無料通話サービスは、1回あたり10分以内の国内通話が月300回まで通話料無料になるサービスです。他社のスマホやケータイ、自宅、会社の固定電話への通話も無料になります。通話メインで使いたいという人にはおすすめです。

 

ただし、スマホプランは2年間の契約期間の縛りがあります。契約期間中に解約する場合は9,500円の契約解除料がかかります。

 

なお、ワイモバイルではタブレット向けのデータ通信専用プランもあります。

プラン名 月額料金 高速データ通信容量
データプランS 1,980円 1GB
データプランL 3,696円 7GB

※上記料金は「おトク割」適用時における、利用開始月から37か月間。

 

なお、データプランは3年単位の契約(自動更新)となり、契約期間中に解約した場合は9,500円の解約解除料がかかります。データ通信専用プランは他のMVNOと比べると割高なので、あまりおすすめはできません。

 

シェアプランで容量のシェアができる

ワイモバイルにはデータ通信の容量を複数のSIMカードでシェアできる「シェアプラン」があります。シェアプランとは、「スマホプランS/M/L」または「データプランS/L」加入者が、スマホのデータ通信容量をタブレットなどの別の端末で効率よく分け合うことができる個回線専用のプランです。

 

最大3枚のUSIMカードが使え、タブレットや他社が販売するSIMフリーの端末にも利用可能です。

 

「スマホプランS」または「データプランS」を親回線で加入している場合は月額基本使用料980円、「スマホプランM」を親回線で加入している場合は490円、「スマホプランL」または「データプランL」を親回線で加入している場合は0円で利用できます。データ通信容量が多いプランほどお得なプランとなっています。

 

家族割引あり

家族でワイモバイルを利用する場合は副回線はスマホなら月々500円割引、ガラケーなら全額無料になる家族割引があります。

 

割引は最大9回線まで適用となります。なお、1人で複数回線契約する場合でもこの割引は適用されます。

 

ソフトバンクWi-Fiが利用可能

ワイモバイルはソフトバンク傘下の会社のため、ソフトバンクWi-Fiスポットが無料で使えます。通常は月額467円かかるので、これが無料になるというのはかなり大きいですね。

 

また、何か困ったことがあれば全国のワイモバイルショップで相談することができます。MVNOでは店頭でのサポートをしているところはほとんどないので、店頭サポートが受けられるというのは助かりますね。

 

 

他にもお得なキャンペーンもいろいろ行っています。今なら学生向けに1年間1000割引きになる「ワン!キュッパ学割」を開催中です。詳しくはワイモバイル公式サイトをチェックしてみましょう。

 

Y!mobile