データ容量はどれくらい必要?

データ容量はどれくらい必要?

 

格安SIMでは、データ通信のみのプランは月々の高速データ通信容量を1GB、3GB、5GBなど容量別に選ぶことができます。容量は小さければ小さいほどその分月額料金が安くなります。使う分だけ契約すれば無駄なく使えて節約にもなります。

 

では、どれくらい容量があればいいのでしょうか?

 

ある調査によると、スマホユーザーの7割は月のデータ利用量は1GB未満だというデータが出ています。また、2GBあればLINEでのやり取りが1,000万回もできます。なので目安は1〜2GBと考えておけばいいでしょう。

 

自分のデータ使用量を参考にするというのもいいでしょう。データ使用量はスマホのメニューの「設定」のところから確認することができます。データ容量は不安だから多めにしておく、というより最初は少ない容量で契約して、足りない場合は増やすという使い方の方が節約になります。

 

データ使用量の確認方法

スマホの機能を使えば、自分が月にどれくらいデータ量を使用しているのかを調べることができます。

 

iPhoneの場合

まず「設定」をタップして設定画面を開き、「モバイルデータ通信」をタップします。「モバイルデータ通信の使用状況」に「現在の期間」という項目があります。

 

ここに表示されている数値は1か月ごとの使用量ではないので、月々の使用量を調べるには請求締日翌日に「統計情報のリセット」をする必要があります。画面の下の「統計情報のリセット」ボタンをタップし、1か月後に確認してみましょう。

 

Androidの場合

まず設定画面を開き、「データ使用」をタップします。するとその端末のデータ使用量のグラフが表示されるので、データ使用量のサイクルを調節して月々のデータ使用量を確認しましょう。データ使用量のサイクルはグラフのつまみを動かせば日付の値を自由に設定することができます。

 

 

自分の月々のデータ使用量を把握しておけば、格安SIMのプランを選ぶときの目安になります。毎月データ使用量が違うという人は、余裕を持って多めのデータ容量のプランを契約したり、容量を繰り越せる格安SIMを利用するなどするといいでしょう。