格安SIM メリット デメリット

格安SIMのメリット

 

格安SIMを利用することで具体的にどんなメリットがあるのでしょうか?

 

月額料金が安くなる

格安SIMの最大のポイントは料金の安さです。キャリアでスマホを利用すると一般的に月7,000円くらいはかかってしまいますが、格安SIMだと500円以下にまで抑えることもできます。プランや使い方によっても変わってきますが、ほとんど電話をしないという人はかなり安くスマホを使うことができるようになるのでおすすめです。

 

2年縛りがない

ドコモ、au、ソフトバンクと言った大手キャリアの場合は、2年縛りと呼ばれる2年ごとの契約の更新があります。2年縛りとは2年間の契約を結ぶことで基本料金や端末の割引が受けられるのですが、この契約は自動更新で、契約満了月の翌月以外に解約しようとすると1万円近い違約金がかかってしまうというものです。

 

この2年縛りは2年以上使っていても違約金がかかってしまうため、苦情も多くキャリアも見直しを検討しているようです。格安SIMの場合はこういった縛りがないところが多いので、気軽に利用することができます。

 

契約内容がシンプル

キャリアのプランを契約すると、色々なオプションサービスがあらかじめついている場合もあります。「初月無料なので」と言われてつけたままにしておくと、そのまま外し忘れてずっとオプション料金をムダに払い続けていた…なんて人もいるのではないでしょうか?

 

その点、格安SIMの場合は追加オプションは自分が希望しなければついてくることはありませんので心配いりません。プランもシンプルで、このプランを契約しないとこのサービスが受けられない、なんてこともありません。

 

セキュリティや保障などが不安な人は追加オプションをつけることもできるので、キャリアのサービスとの差はそれほどないと考えていいでしょう。

 

好きな端末が使える

格安SIMの場合、対応している端末であれば自分の好きな端末を使用することができます。機種変更後、古いスマホを手元に残している人は、SIMカードが対応していればSIMカードを挿せば使うことができます。また格安SIMはタブレットでも使用することができるので、データ通信のみの格安SIMでタブレットの通信費を安く済ませると言ったことも可能です。

 

格安SIMのデメリット

 

メリットの多い格安SIMですが、デメリットがないわけではありません。では、どんなデメリットがあるのでしょうか?

 

キャリア関連サービスが使えない

格安SIMに乗り換えると、今まで使っていた○○○@docomo.ne.jpや○○○@ezweb.ne.jpといったキャリアメールが使えなくなります。ですがGメールなどのフリーメールやMVNO独自のメールアドレスを取得して代わりに使うことも可能ですので、アドレスが変更することを友人や知り合いに知らせておけば問題ないでしょう。

 

また無料通話分がないMVNOが多いので、電話をよくする人は通話料がかえって高くなってしまうかも知れません。そんな人はキャリア契約のスマホをガラケーに機種変更して通話専用にして、もう1台格安SIMで運用するスマホを持つ2台持ちがおすすめです。

 

キャリアによる端末価格の割引が受けられない

ドコモ、au、ソフトバンクなどのキャリアでは月々の端末価格の割引を受けることができますが、MVNOではこうしたサービスがありません。ですが、キャリアの割引を受けるには指定のパケット定額プランを2年間契約することが条件となっています。

 

パケット定額プランは月額5000〜6000円となっています。一方格安SIMで3GBのプランを契約すれば月額980円。2年使い続ければ約10万円の差が出てしまいます。端末によっては、定価で端末を買っても格安SIMの方がお得になるのです。

 

それでも最初に高い値段で端末を購入するのは抵抗がある…という人は、白ロムと言われる中古の端末を購入するといいでしょう。中古といっても中には未使用のものもあるので、ほぼ新品のスマホが格安で手に入れることができます。

 

通信速度が遅くなる場合がある

格安SIMの場合、LTEに対応していても通信速度が大手キャリアと比べると遅くなるケースがあります。MVNOは通信領域を借りてサービスを行っているので、多くの利用者が集中する時間帯は通信速度が遅くなってしまう可能性があるのです。

 

今のところ利用者が比較的少ないため、ドコモ回線のMVNOよりはau回線のMVNOの方が速度は安定しているようです。最近では格安SIMを利用している人も増え、検証などを行っているサイトもありますので、そうしたサイトや口コミなどを参考に選んでみるのもいいかもしれませんね。