格安SIM 種類

格安SIMの種類

 

格安SIMには大きく分けてデータ通信専用の格安SIMデータ通信+音声通話対応の格安SIMの2種類があります。ここで言う音声通話とは、従来のキャリア3G音声通話のことです。もしデータ通信専用のSIMを選んでも、無料通話アプリやIP電話を利用すれば通話は可能です。この2種類をベースに料金と契約形態、通信容量や通信速度、オプションサービスの有無などのサービス内容で比較検討して選んでいきます。

 

データ通信専用の格安SIM

データ通信専用の格安SIMでは「090」「080」から始まる携帯電話番号を使っての音声通話ができません。機能をデータ通信に絞っているため、月額500円以下で利用できる格安SIMもあります。

 

音声通話対応の格安SIM

音声通話対応の格安SIMでは「090」「080」「070」の番号で通話発着信やSMS送受信が可能です。キャリアで提供しているサービスは利用できませんが、それ以外はキャリアのスマホとそれほど使い勝手は変わりません。緊急電話や一部のフリーダイヤルへの発信も可能で、中には転送電話や留守番電話などのサービスを提供しているMVNOもあります。月額料金はデータ通信専用のものより高くなります。

 

通話料は30秒で20円で、基本的に無料通話分はありません。そのため通話メインで利用するのであれば、格安SIMよりキャリアのかけ放題プランの方がお得です。音声通話対応の格安SIMは、あまり通話はしないけれど念のため「090」の電話番号を持っておきたいという人に向いています。MNPを利用すれば今まで使っていた電話番号を引き継げるので、番号を変えたくない人は利用してみるといいでしょう。

 

通信方式による違い

 

また格安SIMにはドコモ回線の格安SIMau回線の格安SIMの2つの種類があります。これは通信方式の違いによって分けられています。

 

ドコモ回線の格安SIM

ドコモ回線の格安SIMとは、ドコモからMVNO業者が回線を借りて格安で提供しているものです。数多くのMVNOのほとんどがドコモ回線の格安SIMを提供しています。ドコモの端末、もしくはSIMフリー端末で使用することができ、au端末では使用することはできません。

 

テザリング機能についてはiPhoneでは利用可能ですが、Android端末ではテザリングが使えないので注意が必要です。

 

ドコモ回線の格安SIMには以下のようなものがあります。

 

LINEモバイル

LINEモバイル

月々500円からLINEモバイルが提供するMVNOサービス。LINEアプリの通話やトークが使い放題です。SNSはLINEしか使わないという方なら、最低額の契約でも十分かもしれません。格安で利用できるにもかかわらずサービスは充実していて、サポート窓口完備、オプションですが端末保証があり、LINEモバイルで購入していない端末でも保証してくれます。

 

b-mobile

b-mobile
日本通信が提供するMVNOサービスです。ユニークな5段階定額というプランで使い方に合わせてデータ容量を選ぶことができるのが特徴です。その他SMS付のプランや無制限プランなど様々なプランが用意されています。

 

楽天モバイル

楽天モバイル
楽天グループのフュージョン・コミュニケーションズが運営するMVNOです。音声通話付きで月額1,250円から使えるのが魅力!他にも楽天スーパーポイントがもらえたりとお得なキャンペーンが充実しています。

 

IIJmio

IIJmio
IIJが提供するMVNOサービスです。
プランは音声通話機能あり・なしの2種類があり、高速通信データ容量(クーポン)は余った分を翌月に繰り越すこともできます。窓口があるので、手続きが不安、面倒という人でも安心です!

 

U-mobile

U-mobile
USENから分離独立して誕生した株式会社U-NEXTが提供するMVNOの通信サービス。LTEが月2,480円で使い放題のプランは主にYoutubeなどの動画を長時間視聴する人におすすめです。音楽聞き放題のアプリとセットのプランもあり。

 

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONE
高いシェアを誇る有名なプロバイダ「OCN」が提供している格安SIMです。プランは110MB/日と170MB/日の日単位のコースと、3GB/月、5GB/月、15GB/月の月単位のコースの全5種類のコースから選ぶことができます。オプションが充実しているのも魅力です。

 

BIGLOBE LTE・3G

BIGLOBE
BIGLOBEが運営するモバイル通信サービスです。プランは音声通話あり・なしでそれぞれ3〜4種類から選ぶことができ、月額900円から利用することができます。データ繰り越しやWiFiスポット「BBモバイルポイント」が追加料金なしで使えるなど嬉しいサービスも多数!

 

au回線の格安SIM

au回線の格安SIMとは、auからMVNO業者が回線を借りて格安で提供しているものです。au回線のMVNO業者は数は少ないですが、その分利用者も比較的少ないため回線速度が混み合わず安定した速度を保っています。

 

au端末では問題なく使用することができますが、SIMフリー端末だと音声通話ができない場合があります。端末自体の通信方式が違うため、ドコモ端末では使用できません。

 

テザリング機能については、Android端末では利用できますがiPhoneではテザリングをすることができません。

 

au回線の格安SIMには以下のようなものがあります。

 

UQ mobile

UQ mobile
UQ mobileはKDDIの子会社、KDDIバリューイネイブラーが提供するMVNOのモバイル通信サービスです。通信速度が圧倒的に速く、速度もどの時間帯でも安定しています。容量無制限プランもあるので、月々のデータ使用量が多い人におすすめです。

 

mineo

mineo
au回線とドコモ回線の2つのキャリアから選べるマルチキャリア対応というユニークなMVNOです。余った容量を翌月に繰り越せたり、家族と分け合えるパケットシェア家族割などサービスも充実しています。