格安SIM 通信速度

格安SIMの通信速度は

 

格安SIMは大手キャリアの回線を借りて安くユーザーに提供していますが、通信速度は大手キャリアと同じように使えるのでしょうか?

 

実際に出る通信速度はドコモやau、ソフトバンクの場合は30Mbps前後です。これに対して格安SIMの実際に出る通信速度は5Mbps前後です。大手キャリアに比べると6分の1くらいの速度となります。

 

格安SIMは大手キャリアと比べて通信速度がだいぶ遅いですが、30Mbpsと5Mbpsとではどれくらい違うのでしょうか?

 

動画を見るのに必要な速度は?

スマホでYou tubeを見るのに必要な通信速度は700kbpsです。普通の画質の動画を見るなら通信速度は700kbps程度で十分です。きれいな画質の動画を1時間ほど見る場合は、必要な速度は1.5Mbps程度です。

 

そのため動画を見る分には格安SIMでも変わらず問題なく見られる、ということです。

 

インターネットをするのに必要な速度は?

インターネットをしてウェブサイトを見るのに必要な通信速度は1Mbps〜3Mbpsです。1Mbpsだと普通、3Mbpsだとサクサク見られるといった感じです。

 

ウェブサイト1ページの容量は平均1MB程度です。1MB全部読み込んでから表示されるというわけではないので、体感的には500KBくらいで表示される感じになります。

 

平均的な格安SIMはだいたいの時間帯で2Mbps〜3Mbpsは出ているので、サイトの閲覧に関しては快適に見ることができます。ただし、平日の昼間の時間帯は500kbpsくらいしか出ないので、少し我慢しないといけないかもしれませんが、まったく使えないということはありません。

 

つまり、大手キャリアに比べると通信速度は遅いですが、普通に動画を見たりインターネットをするくらいなら問題なく利用することができる、ということになります。ただしプランの内容やMVNOによっては速度が遅くなってしまう場合もありますので、このあたりは試しに実際に利用して確かめてみるか、口コミなどを参考に選んでいくといいでしょう。

 

ゲームをするのに必要な速度は?

若干読み込みに時間がかかってしまってもいいのであれば、500kbps程度でもほとんどのゲームやアプリは普通に動作します。しかし中にはかなり重いゲームアプリもあります。どんなゲームアプリもスムーズに動作させたいという場合は、高速データ通信速度の最大値が150Mbpsくらいあった方がいいでしょう。

 

ちなみにゲームをするのはWiFi環境課だけという場合は120kbpsや500kbpsでも十分です。

 

通信速度の単位について

 

通信速度の表記でよく「○○kbps」、「○○Mbps」といった単位を見かけますが、何の単位なのか分からない、どうやって見ればいいのか分からないという人もいるかもしれません。では、通信速度を表す単位について少し勉強していきましょう。

 

「bps」とは

bpsとは通信回線の中を行き来するデータの転送速度を表す単位です。bpsは「bits per second」の略で、日本語に訳すと「ビット毎秒」となります。1秒間に1ビットのデータを転送する単位が「1bps」です。1ビットというのはコンピューターが扱うデータの最小単位のことです。その1ビットを1秒間かけて送っているのが1bpsです。

 

1kbpsは1,000bps、1Mbpsは1,000kbpsとなります。それぞれ1kbpsは1秒間に1キロビットを転送することで、1Mbpsは1秒間に1メガビット転送することです。つまり1kbpsよりも1Mbpsの方が速いということになります。格安SIMの通信速度を見てみると「200kbps」、「150Mbps」などとよく書かれていますが、単位をよく見ないとどちらが速いのか間違えてしまうことがあります。このkbpsMbpsの違いに注意しましょう。

 

200kbps<150Mbps

※数字だけを見ずに単位に注意して見る

 

データ量の単位

データ量はKB(キロバイト)、MB(メガバイト)、GB(ギガバイト)という単位で表します。ビットもデータを表す単位なのですが、ビットはコンピューターが扱う基本のデータ単位で、0か1という情報のことをビットで表しています。1ビットが8個集まって初めて半角文字情報を作り、その単位をバイトと呼びます。つまり1B(バイト)=8b(ビット)ということになります。

 

ダウンロードなどで表示される転送率は「500KB/秒」のようにバイトで表されていることがあります。では、500KB/秒はbpsに直すといくつになるのでしょうか?1バイトは8ビットなので、500×8=4000KBとなります。4000KB=4MBなので転送速度は4Mbpsということになります。

 

また、200kbpsの通信速度では1秒間に200キロビット、つまり25KBのデータを送っていることになります。仮に200kbpsの速度で1MBのデータをダウンロードしようとすると、1MB=1000KBなので、ダウンロードには40秒かかることになります。こうして計算してみると、どれくらい通信速度があった方がいいかの目安がわかりやすいですね。