実質0円とは?

実質0円とは?

 

以前はスマホを機種変更をする時、よく「実質0円」といった文字を目にしていましたが、最近見かけなくなったと思いませんか?実はこの「実質0円」はドコモ、au、ソフトバンク3社では廃止されてしまったサービスです。

 

そもそも実質0円とは、他社から乗り換える際にセットで契約する端末代金を、月々の割引によって相殺することで「0円」にするというものです。ただしこの場合2年契約で利用することが前提となっています。

 

しかしこの過度な割引が問題視され、総務省が大手キャリア3社に対して見直すよう要請しました。これによってドコモ、au、ソフトバンクでは実質0円が廃止されました。このサービスが廃止されたことでユーザーは端末代を負担することになってしまいました。

 

格安SIMにも実質0円はある?

もともと料金が安い格安SIMには、今まで実質0円といった端末代割引はありませんでした。これは格安SIMのデメリットとしても言われてきていた点です。

 

ところが、UQ mobileではこの実質0円になる割引サービスを利用できるのです。

 

UQ mobileのぴったりプランに加入する際、セットで端末を購入すると「マンスリー割」が適用されて端末代金が相殺されるので、「実質0円」で端末を購入することが出来るのです。

 

端末は「KC-01」「LG G3 Beat」「arrows M02」の3つから選ぶことが出来ます。マンスリー割は一括購入の場合でも分割支払いの場合にも適用されます。一括購入の場合は月額利用料から割り引かれるので月々の支払いがお得になります。分割払いの場合は毎月の分割代金がマンスリー割と相殺されるので、初期費用を抑えることが出来ます。

 

ぴったりプランは格安SIMでは数少ない無料通話が付いたプランです。通信速度の速さに定評のあるUQ mobileにさらに無料通話が付いているので使い勝手もよくかなりおすすめです。

 

↓詳しくはこちら↓
UQぴったり