2年縛りとは?

2年縛りとは?

 

ドコモ、au、ソフトバンクなど大手キャリアでは2年契約のプランが主流となっています。この契約は2年間の契約期間が終了後の更新月に自動更新され、また2年間契約が勝手に延長されることになります。さらに更新月以外に解約しようとすると違約金が発生するという仕組みになっています。これがいわゆる2年縛りです。

 

大手キャリアでは2年間の契約を条件に、基本使用料の割引や端末代金の割引を行っていました。しかしこの2年縛りがあることでユーザーはこれまでキャリアの乗り換えを気軽にできず、キャリアに縛られてきました。ユーザーの選択の自由を奪っていると問題視し、総務省は大手キャリア3社に2年縛りを見直すよう要請しました。

 

この要請を受けてNTTドコモは「1年契約」のような中間メニューを新たに設ける方針を固めました。またKDDIは「最初の2年間の契約期間が過ぎたら料金が変わる案などを検討している」としています。つまり2年契約の自動更新がない代わりに、3年目以降の割引条件が変わるという割引プランです。

 

ソフトバンクはいまだ改善案について明言はしていませんが、今後何らかの対応を取っていくことが予想されます。

 

格安SIMに2年縛りはある?

では、格安SIMの場合は大手キャリアのような縛りはあるのでしょうか?

 

格安SIMの場合は、データ通信専用のプランの場合は縛りのないところがほとんどです。ですが、音声通話付きプランの場合はMVNOによっては半年〜1年の最低利用期間が設けられていることがあります。この契約期間内に解約しようとすると、解約金や違約金がかかってしまいます。

 

もし格安SIMを試しに使ってみて、イマイチだったらすぐに解約してしまおうと考えている人はデータ通信専用の格安SIMをおすすめします。