格安SIM豆知識

MVNEとは?

 

格安SIMを提供しているのは「MVNO」ですが、このMVNOと深く関連しているのが「MVNE」です。このMVNEについて知っておくと、格安SIMを比較しやすくなります。

 

MVNEとは、「Mobile Virtual Network Enabler」の略で、「仮想移動体サービス提供者」という意味です。簡単に言うと、MVNOの支援をしている事業者です。具体的な支援内容な下記のとおりです。

 

  • MVNOの課金システムの構築・運用
  • MVNOの代理人として行うMNOとの交渉
  • スマホやタブレットなどの端末の調達
  • MVNOの事業全体のコンサルティング業務
  • 事業用電気通信設備を設置し、MVNOに卸電気通信役務を提供

 

MVNEはMNOとMVNOの間に立って支援する立場にあります。なぜMVNEが必要だったのかというと、MVNOが携帯電話事業に新規参入する障壁が高かったためです。MVNOの事業参入時、回線設備を設置する必要はありませんが、ユーザーに通信サービスを提供するノウハウを自社で新しく用意することは非常に大きな負担です。そこで、、様々なノウハウを持つMVNEの支援によってMVNOはサービスを提供できるようになったのです。

 

通信業界にあまりなじみのないDMMや楽天などがMVNO事業に参入できるのは、MVNEのおかげなのです。