格安スマホとは?

格安スマホとは?

 

最近では「格安SIM」という言葉がかなり浸透してきましたが、格安SIMとよく似た「格安スマホ」という言葉を聞いたことがないでしょうか?この格安スマホとはどのようなものなのでしょうか?また格安SIMとの違いは何なのでしょうか?

 

「格安スマホ」の意味には2通りある

「格安スマホ」と言っても、実は2通りの意味にとることが出来ます。

 

一つは、単純に価格の安いスマートフォン本体を指しているもの。もう一つは、格安SIMとセットで販売している料金プランを指しているものです。こちらでは、前者の「価格の安いスマートフォン」について説明していきたいと思います。

 

格安SIMを提供しているMVNO各社では、比較的安い価格でSIMフリーのスマートフォンを販売しています。機種によって価格の開きはありますが、特に安いモデルであれば1万円台の機種も存在します。なぜこんなに安いのでしょうか?性能的には問題ないのでしょうか?

 

安さの理由は?

キャリアで販売しているスマホと格安スマホの一番大きな違いは、スペックの差です。どんな液晶パネルを使っているのか、CPUは何を搭載しているのか、メモリはどのくらいなのかによって本体価格は決まります。価格の安い格安スマホはこうした点が価格の高いスマホと比べて劣っていることが多いのです。

 

また、格安スマホの中でも価格に開きがあるのでスペックもまちまちです。イメージとしては、1万円台のものはスペックは低くとにかく価格を安く抑えたもの、2〜4万円台のものは平均的なスペックのもの、5〜7万円台のものは高機能の高級機、といった感じです。

 

これに対してキャリアのスマホは、iPhoneなら約8〜10万円程度、Android端末でも6〜9万円台となっています。格安スマホなら高い価格帯でも7万円台なことを考えると、やはりかなりお買い得です。この違いはスマホを作っているメーカーによるものです。

 

キャリアが取り扱うスマホは有力メーカーの高級機が多いのに対して、格安スマホは中堅メーカーやベンチャー企業の安い機種が中心となっています。京セラなどの国内メーカーもありますが、ASUSやHuaweiといった海外メーカーも多く参入しています。

 

最近ではSonyMobileがXperiaの格安モデル「Xperia J1 Compact」といったものを発売したり、VAIOからVAOI Phoneなどヘビーユーザーの方も満足できる機種も続々と登場しています。格安スマホとしては高めの価格ですが、スペックも十分高く、キャリアスマホに比べるとお値打ち価格なので、選択肢としてはありなのではないでしょうか?