マルチキャリアMVNOとは?

マルチキャリアMVNOとは?

 

格安SIMを提供するMVNOの中には「マルチキャリアMVNO」と呼ばれるものがあります。

 

マルチキャリアMVNOとは、複数の携帯電話会社に対応するMVNOという意味合いで使われている造語で、定義が確立しているわけではありません。これまでのMVNOサービスは特定の携帯電話会社と提携する形で展開されてきました。

 

A社のSIMはドコモ回線、B社のSIMはau回線、とサービス会社ごとに決められているため、MVNOを利用する場合はどの携帯電話会社の回線かを事前に吟味する必要がありました。一方マルチキャリアMVNOは、購入後に自由なタイミングで回線を切り替えることが可能になります。

 

異なる携帯電話会社の回線を選べることは、端末の選択肢が増えることを意味します。例えばドコモとauに対応したマルチキャリアMVNOサービスであれば、ドコモかauで販売されたスマートフォンはSIMロック解除をすることなく利用することができます。

 

当初はauの回線を利用したMVNOサービスを提供してきた「mineo」は、2015年9月からドコモ回線にも対応し、個人向けでは日本初となるマルチキャリアMVNOサービスを開始しました。au回線を使うプランを「au(A)プラン」、ドコモ回線を使うプランを「ドコモ(D)プラン」という名称で提供し、両プランは安価な手数料で切り替えることができます。

 

mineo

 

ドコモ、auの両方の回線が使えるようになったことで、利用できる端末の選択肢が増えるということはユーザーにとっては便利でうれしいことです。これで家族観でドコモ、auとバラバラに契約している場合でも、一斉にmineoに移転してスマホ料金を安くすることが可能になります。

 

これによってmineoは対応端末はDプランが約200端末、Aプランが約50端末と、最も対応端末が多いMVNOとなりました。ドコモ/au間でパケットの融通を可能にするなどの配慮もあり、マルチキャリアMVNOの可能性を感じさせるサービスとなっています。

 

今後もマルチキャリアMVNOが増えることを期待したいですね。