周波数帯とは?

周波数帯とは?

 

格安SIMやSIMフリースマホが出回るようになって便利になりましたが、格安SIMとSIMフリースマホを組み合わせて使う時には周波数帯について知っておく必要があります。

 

スマホに限らず携帯電話端末には、すべて機種ごとに対応している「周波数帯」があります。ドコモ、au、ソフトバンクなどのキャリアはそれぞれ国から周波数帯を割り当てられており、それぞれ会社ごとの周波数帯でのみ通信と通話ができるようになっています。

 

例えばドコモのモバイル通信には「LTE(FDD-LTE)」と「3G(W-CDMA)」という2つの通信規格があります。ドコモのLTEと3Gにはそれぞれに周波数帯が決まっています。

 

LTEの周波数帯

  • 2GHz帯または2.1GHz帯(バンド1)
  • 1.7GHz帯または1.8GHz帯(バンド3)
  • 800MHz帯(バンド19)
  • 1.5GHz帯(バンド21)
  • 700MHz帯(バンド28)

 

3Gの周波数帯

  • 2GHz帯または2.1GHz帯(バンド1)
  • 800MHz帯(バンド6)
  • 1.7GHz帯または1.8GHz帯(バンド9)
  • 800MHz帯(バンド19)

 

LTE対応のドコモ端末を購入する場合は3Gは基本的には気にする必要はありません。しかし、LTE対応のSIMフリー端末を購入する場合は注意が必要です。

 

LTE端末であっても通話は3Gになります。データ通信はLTEですが、通話に関してはVoLTEに対応していない端末はすべて3Gでの通話になるため、3Gがどの周波数帯に対応しているかが重要になります。

 

周波数とは?

周波数とは電波の「波」が1秒間に繰り返される回数で、単位は「Hz(ヘルツ)」で表されます。1秒間の波が1回なら「1Hz」、1000回なら「1kHz(キロヘルツ)」、100万回なら「1MHz(メガヘルツ)」、10億回なら「1GHz(ギガヘルツ)」となります。

 

携帯電話の通話・通信には700MHz〜2.5GHzあたりの周波数が使われています。それが細かい周波数帯に分けられて、携帯電話各社は総務省から割り当てられた複数の周波数帯を用いてサービスを提供しています。

 

周波数帯は携帯電話業界では「バンド」とも呼ばれ、端末側にその周波数帯に接続できるアンテナが内蔵されていないと通信ができません。そのため周波数帯が合っていないスマホにSIMを装着して使おうと思っても通信ができません。

 

実際には、全く通信ができないわけではありませんが、一部にしか対応していないので、エリアによっては通信速度が遅くなったり、つながりにくくなったりするなどちゃんとした通信ができないということが起きてしまいます。

 

周波数帯ごとの役割

周波数帯にはそれぞれ得意分野と苦手分野があります。大ざっぱに言うと、高い周波数帯であるほど速度は速くなり、低い周波数帯ほど電波が届きやすくなります。

 

2.1GHz帯(バンド1)

最も高い周波数帯である2.1GHz帯は日本全国に基地局があり、速度も速く、ドコモだけでなくauもソフトバンクもLTEとして利用しています。さらに海外でも広く使われている周波数帯なので、海外の端末でも対応しているものが多いのが特徴です。なお2GHz帯も同じものと考えて問題ありません。

 

1.5GHz帯(バンド21)

1.5GHz帯もLTEバンドですが、こちらは日本独自の周波数帯です。そのため海外製の端末が対応していることはほとんどありません。

 

1.7GHz帯(バンド3)

1.7GHz帯はドコモが主に東名阪で使用しているLTE限定の周波数帯で、下り最大150MbpsというLTEの最高速度が出ます。都内などでは2.1GHz帯と1.7GHz帯が併用されています。

 

800MHz帯(バンド19)

800MHz帯は最大75Mbpsと速度は遅いですが、ドコモのプラチナバンドと呼ばれています。その理由は電波が届きやすく、広い場所をカバーできるためです。地方で多く使われている「エリア対策用」とも言われる周波数帯が800MHz帯です。都市部でも、ビル内など電波が入り込みづらい所にはこの周波数帯が利用されています。

 

SIMフリー端末の周波数帯を調べるには?

SIMフリー端末がどの周波数帯に対応しているかどうかは、スペック表の3G/LTEの「周波数帯(バンド)」や「通信方式」という項目をチェックします。

 

「FDD-LTE:B1/B3/B7」といった書き方がよくしてあります。「B1」とは「バンド1」という意味です。スペック表に乗っていない場合は販売業者に問い合わせてみるといいでしょう。