SIMフリーとは?

SIMフリーとは?

 

大手キャリアで販売しているスマホやタブレットと言った端末は、SIMロックというものがかけられています。このSIMロックをかけることで、他社のSIMカードを挿して通信しようとしても通信できないという機能制限がされています。

 

これに対して、SIMロックがかけられていない端末を「SIMフリー」・「SIMフリー端末」と言います。

 

SIMフリー端末はメーカー直販や大手家電量販店などで販売されており、海外メーカー製の安価なものや、大手メーカーのハイスペックなものまでさまざまな機種があります。SIMフリー端末はキャリアの縛りがなく好きなキャリアのSIMを挿入して使うことができるのでとても便利です。また海外旅行に行ったときなどでも、旅行先のキャリアのSIMカードを購入して使うこともできます。

 

海外で販売されているスマートフォンの多くはSIMロックのかかっていない、いわゆる「SIMフリー」の機種が一般的です。SIMロックがかかっていないことで、利用者は好きなキャリアと契約をして、スマートフォントとSIMカードを自由に組み合わせて使うことが可能になります。

 

SIMフリーは何でも使えるわけじゃない?

 

「SIMフリー=キャリアを問わずに使える」と思っている人も多いかもしれませんが、SIMフリースマホだからと言ってあらゆるキャリアのサービスが利用可能、というわけではないのです。

 

キャリアごとに通信方式と周波数帯が違う

携帯キャリア各社では、音声通話に3G通信を使用し、データ通信にLTEを使用しています。ドコモとソフトバンクは音声通話にW-CDMA方式を採用しており、世界でも多くの通信会社が採用している通信方式です。

 

一方、auは音声通話にCDMA2000という方式を採用しており、この方式は世界でもマイナーな通信方式です。

 

通信方式が違うため、ドコモ、ソフトバンクとauでは互換性がありません。例えば、スマホのLTE周波数帯がドコモ、au両方のバンド帯をカバーしているとして、SIMロックを解除したドコモの端末にau回線のMVNOのSIMを挿しても、データ通信はできても音声通話はできないということになります。

 

逆に、SIMロック解除したauの端末にドコモ回線のMVNOのSIMを挿しても、同様にデータ通信はできても音声通話はできません。また、ドコモ、au、ソフトバンクで使用している周波数帯はそれぞれ違います。

 

キャリアのスマホは、各社が自分たちがそれぞれ使っている通信方式、周波数帯に最適化したものを販売しています。ただ、周波数帯が広いスマホの場合はキャリアが変わっても通信方式が同じであれば利用できる場合があります。

 

これはSIMフリースマホでも同様で、SIMフリーと言えども結局はその端末がどんな通信方式、周波数帯に対応しているかによって使えるキャリアが自動的に決まってくるということになります。

 

au回線で使える端末は少ない

SIMフリー端末でCDMA2000に対応している端末はほとんどなく、au回線のMVNO業者を利用する場合は自動的にauの端末を使うしか方法はありません。なお、au回線のMVNOのUQ mobileとmineoはどちらもVoLTEに対応しているので、最新の機種でも使うことができます。

 

一般的なSIMフリースマホは、ドコモ回線のMVNOを選んでおけば問題なく使うことができます。