SIMロックとは?

SIMロックとは?

 

ドコモ、auなどの大手キャリアから販売されている端末には、そのキャリアの契約のSIMカードしか受け付けないというプロテクトがかかっています。これをSIMロックと言います。このSIMロックによって端末自体に縛りをかけていました。

 

しかし、2015年5月1日から「SIMロック解除の義務化」が始まり、ユーザーが希望すればロックを原則解除できるようになりました。

 

SIMロックによる端末縛りがなくなると、ユーザーは以前から可能だった自分の電話番号の移行(MNP)に加えて、端末もそのまま使い続けながら他のキャリアに乗り換えることが可能になりました。これによってユーザーの選択肢が増え、事業者間の競争が促されてサービスの品質が向上し、料金が安くなることが期待できます。また最近増えてきた格安SIMへの乗り換えもしやすくなります。

 

なぜSIMロックがあるの?

日本では携帯端末はキャリアのサービスを展開するためのおまけとみなされてきました。端末はキャリアのサービスと密接な関係にあり、端末の開発にもキャリアに大きな発言権がありました。

 

さらにキャリアは代理店を通じて全国にキャリアショップを展開し、端末の販売も独占してきました。海外ではキャリア以外の正規の販路でも端末を購入することができますが、日本では端末を買うにはキャリアを通じて購入すなければなりませんでした。

 

キャリアは既存顧客の支払う高額な通信料を原資にインセンティブを代理店に支払い、携帯端末を格安で提供してきました。キャリアが携帯端末を安く販売することで多くの消費者が携帯電話を手にれ、キャリアと契約することになります。この消費者たちに高額な料金プランを契約することでキャリアは利益を得られるので、端末代を安くすることが可能だったのです。

 

逆に言えば、せっかくキャリアが身銭を切って端末代を安くしても、自社のネットワークとサービスのもとで端末を使ってもらわなければキャリアは損をしてしまいます。だからSIMロックがかかっているのです。