容量を繰り越せる格安SIM

容量を繰り越せる格安SIM

 

月々に利用できるデータ容量を選んでスマホの利用料を節約できる格安SIMですが、どのプランにすればいいか迷ってしまう人もいると思います。少なすぎてもすぐに速度制限がかかってしまうし、多すぎても容量を余らせてしまってもったいないですよね。

 

月によってはあまり使わなかったり、たくさんネットをしてデータ容量を使いすぎてしまったりとムラがある人もいると思います。そんな人におすすめなのが、容量を繰り越せる格安SIMです。格安SIMの中には余ったデータ容量を翌月に繰り越せるものや、家族と分け合えるサービスを行っているものがあります。

 

たとえば3GBのプランを契約して、前月2GBしか使わなかったので1GBは翌月に繰り越しているから今月はたくさん使える、と思うという感じでつかえば無駄なくデータ容量を使い切ることができてお得です。

 

容量繰り越し可能な格安SIM

容量の繰り越しができる格安SIMはいくつかあります。

 

DMM mobile

DMM

 

DMM mobileでは余った基本データ通信量が翌月に繰り越せます。また、シェアコースでは最大3枚のSIMカード高速データ通信量を分け合うことができます。シェアコースは8GB、10GB、15GB、、20GBから選べます。家族以外にも恋人や友達とシェアしたり使い方は自由自在です。

 

BIGLOBE SIM

BIGLOBE

 

BIGLOBE SIMでも、使い切れずに余ってしまったパケットを繰り越せるサービスが利用できます。翌月に繰り越せる容量の最大値は、利用しているプランごとに決められた月間高速データ通信容量と同量です。

 

mineo

mineo

 

mineoでは余ったデータ容量は翌月に繰り越せるので、無駄なく使うことができます。また「パケットシェア」で家族の繰り越した分を分け合うこともできます。

 

また、mineoにはデータ容量を親せきや友人に贈ることのできる「パケットギフト」や、mineoユーザー同士でパケットが分け合える「フリータンク」などユニークなサービスもあります。

 

UQ mobile

UQmobile
UQ mobileでも余ったデータ容量を翌月に繰り越すことが可能です。繰り越し上限は翌月の月間データ容量と同容量までとなっています。

 

また高速データ通信のオン/オフを切り替えられる「ターボ機能」でデータ容量を節約することもできるので、高速通信の必要がない時はオフにして翌月に繰り越すということもできます。